生活保護でも借りれる金融会社 電話なしカードローン希望なら

生活保護でも借りれる金融

生活保護でも借りれる金融会社 電話なしカードローン希望なら

 

結論から先に言うと、生活保護でも借りれる金融会社は、正規の業者では存在しません。貸してくれる金融機関があったとしても、それはヤミ金のような違法業者になるでしょう。

 

法律では、生活保護受給者にお金を貸してはいけないとか、受給者がお金を借りてはいけないというものはありません。しかし、現実問題として、生活保護でもらったお金を借金の返済にあてることはみとめられていません。

 

仮に内緒で保護費から借金の返済をしていたとしても、バレてしまえば保護を停止されたり、自己破産をするように指導されることになります。このように、トラブルになる可能性が高いので、まともな金融機関なら保護受給者にお金を貸すことはありません。

 

また、保護を受けている人は、収入の申告義務があります。消費者金融などから借りたお金も収入として申告しなければならず、申告した分は保護費から引かれることになります。

 

つまりは、保護を受けていることが借金をすることはあまり意味のないことであり、高い確率で返済はできないでしょう。また、この申告義務を無視して借金をしたのに申告しないでいると、バレたときに保護を停止されるリスクがあります。そして、金融機関からしても貸したお金は没収されてしまううえ、債務者からの返済も期待できないということになってしまいます。

 

以上のように、保護を受けている人にお金を貸しても高い確率で返済されませんので、お金を貸す金融機関は原則として存在しません。

 

また、消費者金融や信販会社では、総量規制というルールがあり、年収の3分の1を超える貸付は禁止されています。

 

生活保護のお金は貸金業法上の収入とはなっていないので、そもそも消費者金融や信販会社は法律的に保護受給者にお金を貸すことはできないということになります。

 

しかし、生活保護を受けていても収入がある人はいます。例えば、子供を一人養っているシングルマザーの場合、月収が15万円程度あっても保護を受ける条件を満たすことがあります。

 

この場合でも、お金を借りるときに正直に「生活保護を受けています」と申告すれば、前述した理由などで審査にはまず通らないでしょう。

 

しかし、保護を受けているということを内緒にして審査に申し込みをすれば、月収が15万円程度ある人ならばわずかなお金が借りられる可能性があります。

 

もちろん、保護を受けなければならない人は、自分の収入だけでは生活ができないということなので、審査に通る可能性は低いですが、10万円程度なら借りられる可能性があることも事実です。

 

金融機関も相手に返済能力があるかどうかをできるだけ調べますが、調べられる範囲には限界があるので、保護を受けていることを本人が隠して、さらに子供がいることも内緒にすれば、お金を借りられる可能性は高まります。

 

結論として、保護を受けている人でも借りられる金融会社というのは、働いていて収入があるという条件を満たせば存在はします。信販会社のクレジットカードの審査にも通ることがあるようです。

 

クレジットカードのショッピング枠は借金という扱いではありませんが、キャッシング枠については借金であることにも注意をしておきましょう。保護受給者でもクレジットカードを持てることはありますが、トラブルを避けるためにキャッシング枠はゼロにしておきましょう。

 

もしもお金を借りてしまった場合、借りたお金は収入として申告をしなければならず、申告をせずに借金を返済していてもしもバレたら保護を停止されてしまう可能性があります。

 

また、不正受給となりますので、不正に受給したお金は一生をかけても返済していかなくてはなりません。

 

不正が悪質な場合には自己破産でも免責ができず、子供がいる場合には子供にまで借金が相続されてしまうリスクもあります。絶対に借金はしないようにして、お金が足りなくなったらケースワーカーに相談をするようにしましょう。