専業主婦お金借りたい だんなにばれずにキャッシングしたい

専業主婦お金借りたい だんなにばれずにキャッシングしたい

専業主婦お金借りたい だんなにばれずにキャッシングしたい

専業主婦がお金借りれる場合は、銀行で扱っているカードローンを申し込む必要があります。消費者金融やクレジットカードの借り入れは、法律上認められないからです。

 

消費者金融やクレジットカードは貸金業に分類され、貸金業法のもと運営されるべき金融機関となります。貸金業法では総量規制という取り決めがあり、収入の3分の1までを限度とする借り入れが認められます。専業主婦は収入がないため、総量規制が適用されるカードローンは申し込み条件に合致しません。貸金業であっても、総量規制の適用外となるローンはありますが、おまとめローンや事業用のローン等、審査が厳しい面があり、今すぐにお金借りれるローンではありません。

 

すべての銀行が、専業主婦のカードローン申し込みを認めているわけではありません。しかし、申し込み条件には、専業主婦でも申し込みができると記載があるものもあります。銀行によって違いがありますが借入限度額を10万円から50万円程と、低めに設定することで借り入れが認められるようになっています。申し込みの際の条件としては、だんなさんが何らかの職業に就き、安定した収入を得ていることが必要です。申し込みをした本人ではなく、配偶者の勤務先や収入を見ていることになります。

 

カードローンを申し込む際に、急を要する場合は、インターネットでの申し込みに対応している銀行を選ぶといいでしょう。必要書類の提出を、写真に撮った画像をアプリで送信することで済みますし、FAXで送信できる場合もあります。

 

インターネットバンキングができる銀行なら、ローンカードが送付される前でも、即日で専用メニューから借り入れ手続きができる場合もあります。
最寄りに店舗や受付用の機械がある場合は、そちらで契約とローンカード発行ができ、即日での借り入れ可能になるもあります。必要な書類は、限度額が低く抑えられているため、本人確認のできる運転免許証やパスポート等の書類があれば問題ありません。

 

申し込みには名前や住所等の個人情報、だんなさんの勤務先が必要となります。原則としてだんなさんの勤務先には、在籍確認の電話連絡がありませんので、知られることはありません。指定した連絡先に、銀行から申込者本人宛に確認の電話がかけられるのみです。銀行名を名乗って連絡があるため、携帯電話にかけるように依頼すると、家族の方が電話を取る心配がありません。
ばれないようにするには、カードローンの明細を郵送にせず、サイトの専用メニューから閲覧するように設定するといいでしょう。共有のパソコンではなく、自分の携帯電話やスマートフォンから閲覧すると履歴が残らず、家族にばれません。